インタビュー
当クリニックの特徴の1つである「乳腺外来」。近年、乳がんは増加傾向にあり、年間約1万人の女性が亡くなっております。乳がんの早期発見・早期治療を目指すべく当クリニックでは様々な取り組みを行っています。

検査を簡単・スピーディーに

乳腺疾患の診療に特化した当クリニックの乳腺外来。その特徴の1つが高性能の「超音波検査装置(エコー)」を診察室に設置していることです。
視診、触診、超音波検査、マンモグラフィー、必要な場合には細胞診、針生検(※1)が、同じ日に短時間のうちに精密検査まで受けることが可能です。
まず、「気づくこと」が乳がんの早期発見・早期治療の第一歩。
乳がん検診を受診したことがない方は、ぜひ一度受診してください。

精度の高い診療を

乳腺外来では高い技術を備えたスタッフと、最新鋭の機器を導入しております。
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会(以下、精中委)が認定したマンモグラフィを使用し認定A資格をもつ女性の放射線技師が撮影、精中委の認定医4名がマンモグラムを読影し、より精度の高い診療を実施しております。
当クリニックは神戸市の乳がん検診の指定医療機関であり、二次検査や他院から紹介いただいた方の精密検査も行っています。
勿論、乳がん手術後の補助療法や、再発時の抗ホルモン療法、化学療法なども行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
スピーディーな検査、精度の高い診療、すべては患者さまの健康のために日々研鑚を積んでおります。岡本クリニックでは検査・診断、乳がんと診断後は、神戸アーバン乳腺クリニックで入院、手術を行っています。

 

→神戸アーバン乳腺クリニックのご紹介はこちら

心温まる雰囲気での治療を心がけています

心優しい看護師、気配りのあるスタッフと協力し、患者さまがリラックスした状態で治療を受けていただけるようサポートしております。


※1 針生検
しこりを針で突き、鉛筆の芯ほどの太さの組織片を採取する検査。
局所麻酔をするので傷みはありません。

【小西医師プロフィール】

経歴 昭和48年3月 神戸大学医学部卒業
昭和48年6月 神戸市立中央市民病院 外科
平成15年4月 神戸市立西市民病院 外科部長
平成17年4月 岡本クリニック副院長
          神鋼病院乳腺科科長
          乳腺専門医・外科専門医
平成19年3月  アーバンクリニック(現・神戸アーバン乳腺クリニック) 院長
資格 日本乳癌学会認定医・専門医
日本外科学会認定医・専門医
日本超音波学会専門医・指導医
日本消化器外科学会認定医

このページの上へ