クリニックのご紹介
患者さまが主人公 まずは気付いていただくこと、そこから治療は始まります

院長ごあいさつ

〜 私たちが目指すもの 〜

【あなたが主人公です】

 病気は医者が治すものではなくて、あなたご自身が主体となって治していくものです。生活習慣病などは特にそうです。
  当クリニックの治療では、あなたが主人公です。私たちスタッフは、あなたが病気を治すための「お手伝い」をします。主人公の「あなた」が納得して、その気になって治療に臨んでいただけるよう、スタッフ一同、快適な環境を整えます。

【気付きから始まる医療】

 治療の中で最も重要なことは、患者さんに気付いていただくこと。気付いていただく「お手伝い」が私たちの仕事です。皆様の断片的であった症状を、私たちが線でつなぎ、皆様にお伝えし、十分にご理解とご納得をいただき、自ら進んで治療に臨んでいただくことが大切だと考えています。まずは気付いていただくこと、ここから治療が始まります。

【先進医療をより身近に】

 私たちは、健診センターに専門医師を配置し、乳腺専門医とマンモグラフィの女性技師(精度管理委員会A認定)を迎えて、乳腺外来を新設しました。
  十分な治療が受けられない、交通が不便で通院できない・・・、そんな悩みを解消します。医療機関のあるべき姿は、最適な医療を、身近な場所で、継続的に、提供することだと思います。
  当クリニックは、神戸の都市機能が集中する、交通至便な三宮、その駅に隣接するビルにあります。


院長 岡本交二
[経歴]
昭和52年3月
三重大学医学部卒業
昭和52年6月
神戸市立中央市民病院 胸部外科勤務
昭和61年10月
日本体育協会公認スポーツドクター
昭和61年11月
医学博士授与
平成元年3月
神戸市立中央市民病院退職
平成元年5月
岡本クリニック開設
平成16年4月
医療法人社団 伍仁会 理事長就任

このページの上へ